Home                                                        Japanese, English

プラスチックは現代社会を支える重要な材料ですが、原料や製造エネルギーとして化石資源を大量に消費します。また、プラスチックごみの増加による環境汚染も全世界的な問題になっています。これらの問題の解決策として、バイオプラスチックが環境調和型材料として注目されています。私たちの研究室では、来るべき持続可能な社会の構築を目指して,バイオプラスチックの開発に取組んでいます。

フイルム分解

微生物により分解を受けるバイオプラスチック


from-plants-to-plastics

   植物から作られるバイオプラスチック(バイオマスプラスチック)


What’s new! 

    影山君,大場君がポスター奨励賞を受賞

  2017群桐祭テクノドリームツアー優勝しました(2017.10.22)

 Publicationsを更新しました。(2017.11.03)

 鈴木さん(D3)がポスター賞受賞しました。

 室井君,馬場君が学位取得しました。おめでとう。

 影山君優秀ポスター賞受賞しました。@ 高分子学会群馬栃木地区講演会

 鈴木さん(D2), 林君(M2, 進学予定)が笹川研究助成金に採択されました!

 繊維機械学会関東支部会で林君とトゥさんがポスター賞受賞しました。

 橘熊野助教のプロジェクトが、ALCAに採択されました

 LAB SNAPSHOT !_since 2016.10.15

 Spotlight on Gunma, from Naturejobs_See P 12!

 TBS 未来の起源(2015_3_22)に橘助教が出演しました。

 NHK クローズアップ現代(2015_10_29)で研究が取り上げられました。


 バイオプラスチックとは…

化学・生物化学科 教授 粕谷健一の生分解性プラスチックの生物分解メカニズムの研究より


 バイオプラスチックの解説

 バイオプラスチック開発の新展開@金沢大学,高分子討論会2013


GU-logo